横浜クラシック家具 戸山家具製作所

カンナ ノミ トンカチなど木工道具

アーリーアメリカンファニチャー

17世紀にアメリカ大陸に渡った英国人が祖国を懐かしみつくったオールドコロニアル家具が、時の流れとともにアーリーアメリカンという独特の家具様式となって現在に至っています。オールドコロニアルという伝統的な品格と無垢の木の木肌を生かした素朴さと、家具づくりでは”くせもの”といわれる曲線・曲面の美しさなどがつくりだす気品が特質すべき点です。

ハタガネで木材を締めつけている所
江戸指物 ホゾ組で組まれた椅子

横浜クラシック家具===戸山家具製作所

アーリーアメリカンファニチャーは、明治になり、アメリカから横浜に上陸しました。戸山家具の創始者=(故)戸山巌は、横浜での西洋人との接触によりアーリーアメリカン特有の持ち味に魅せられ、それまでに培った家具職の技で、この家具を作る決意をしました。そおうして気候風土の違う日本にアーリーアメリカンを定着させる為に、日本の伝統的家具である「江戸さしもの」の繊細な手法をミックスさせて日本にアーリーアメリカンファニチャーを誕生させてました。現在では、婚礼家具をはじめダイニング、リビング、書斎家具などを正調のアーリーアメリカンで製作、横浜クラシック家具として数多くのファンを持つに至っています。

アーリーアメリカンの命は木そのもの

横浜クラシック家具は、木の選定、乾燥、木取り、加工、組立て、塗装と完成に至るまで、すべてにアーリーアメリカンの伝統を受け継ぐ技術と情熱を傾注しています。英国のエリザベス王朝時代の家具が、無垢のオーク材を使い堅固にして気品のある雰囲気を作り上げた点に見習い、当社の主材は、オーク材を使用しております。

キメ細かな加工、組立てはもとより、仕上げとなる塗装は長年の研究を重ねて確立した独特の立体塗装で、完璧なアーリーアメリカンファニチャーをつくりあげています。

ラッカー塗装で仕上ている椅子

 手づくり木の家具屋ノックオンウッド

横浜クラシック家具 戸山家具製作所

直営ショップ 「ノックオンウッド」